ほのぼの日記
乗り物(主に鉄道とバス)と千葉ロッテマリーンズが好きな管理人のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青函最後の在来線を撮る
安定のサボりくせが出てしまいました…

前回の記事も途中ですが、タイムリーな記事を先に。




無性にラッキーピエロが食べたくなったので、3月18~20日で函館に行ってきました!

3日分をまとめてご紹介するので、日時が前後してる場合があります。ご了承ください。

往路は新幹線を乗り継ぎ、復路は飛行機。
485系最後の定期列車 白鳥17号で函館入り。

s_IMG_4166 - コピー
▲函館にて。

連休前の金曜日だったせいか、増結され8両編成でした。

リニューアルされているとはいえ、だいぶくたびれていますね…。

s_IMG_4217.jpg
▲函館にて。

スーパー北斗と北斗。最近キハ183にハマっています。やっぱ かっちょいいな~!

こちらも所定編成より1両増結の6両編成でした。



函館10:27の木古内行き122Dに乗って釜谷(かまや)駅へ。江差線という名称ももうすぐでおしまいですね。

s_IMG_4656.jpg
▲釜谷駅にて。

すでに駅名の支柱は道南いさりびカラーの青に。ぺらっとめくれば いさりび仕様になるやつですね。

これの折り返しで函館に帰る予定なので、約1時間半の勝負。同業者の方も約7名ほど。

練習電なんかありません…いきなり本番。

s_IMG_4679 - コピー
▲釜谷駅にて。

白鳥22号。こちらも増結されて8両編成です。というか、22号の返しが乗ってきた17号ですもんね…。

江差線(津軽海峡線)は貨物列車があるので交換設備の有効長は長めになっています。そのため、なんちゃって複線のように。初めて訪れましたが、良いところですね。

s_IMG_4694.jpg
▲釜谷駅にて。

スーパー白鳥1号。

ホームを隠したつもりでしたが、左側に見切れてますね…。

こちらも増結されて…

s_IMG_4697 - コピー

           出た!785の増結!

自分は函館行くと遭遇する率が高いんですよね。

貨物の時間を調べなかったので何が来るかわからなかったんですが、同業者さんたちが同じ向きのまま動かないのでマネさせてもらうことに。

すると…。

s_IMG_4715 - コピー
▲釜谷駅にて

貨物きました。金太郎もダイ改後は来られなくなりますからね。

s_IMG_4724.jpg
▲釜谷駅にて

約25分の続行で貨物列車。こちらも金太郎。

s_IMG_4732.jpg
▲釜谷駅にて

最後にスーパー白鳥24号。こちらは増結されているものの、789系で揃っていました。どうせなら785先頭で撮りたかったですね…。飛行機の時間もあるので、泣く泣く撤退。

s_IMG_4753.jpg
▲釜谷駅にて

釜谷12:46の129Dで函館に。18きっぷシーズンなので、なかなかの乗車率でした…。

約1時間半の撮影時間でしたが、とても内容の濃い時間になりました。最終準備期間を経て、いよいよ今週末から新幹線時代の突入ですね!

最後に。
釜谷駅でご一緒させていただいた皆様。会話の輪にさりげなく混ぜていただき、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。
スポンサーサイト
最後の定期急行列車に乗る③
苗穂のあとは再び札幌へ戻り、駅ビル エスタの地下で朝食。 丼物のお店で、サケトロ丼とミニカレーうどんのセット。琴似駅や苗穂駅の撮影で冷え切った身体にカレーうどんは堪りません!

CA1T21K3.jpg
▲エスタ地下の丼屋にて。

美味しく完食したのち、1階にあるバスセンターへ。11:15の高速るもい号に乗車して留萌駅を目指します。

留萌駅近くの留萌ターミナルまで約3時間の旅。はまなすからの明けだったこともあり、ほぼ爆睡…。気づけば雨が降りしきる中、バスは走行していました。

s_IMG_3084.jpg
▲JR留萌駅

留萌ターミナルから徒歩5分ほどで留萌駅に到着。雨が降っていたこともあり、バスの写真は撮り忘れました・・・。

せっかくならJR北の売上に少しでも貢献しようと思い、留萌→増毛と増毛→札幌の乗車券 それに記念入場券を購入。そんなこんなしてると、列車の時間に。

s_IMG_3086.jpg
▲留萌駅改札口

s_IMG_3088.jpg
▲留萌駅ホームにて

しばらくすると瀬越には行かず、ここが終着駅になってしまうんですね…。

s_IMG_3090.jpg
▲留萌駅ホームにて

【増毛行き乗車口】も過去帳入りに…。やってきた4927Dは急行仕様のキハ54 528。転クロが0系新幹線の流用ということですが、ロングがしめる部分が多いですね。

海を垣間見ながらトコトコ走ること30分。やってきました。留萌本線の終着駅。

s_IMG_3097.jpg

s_IMG_3098.jpg

s_IMG_3119.jpg
▲増毛駅

小雨降りしきる増毛駅。傘はささなくてもなんとかなるレベルです。折りたたみ傘を出すのが面倒だったというのはココだけの話…。

小走りで駅前の様子を見てきました。

s_IMG_3115.jpg
▲増毛駅

駅自体は無人駅ですが、小さな土産物店が併設されていました。写真でいう右側がそのお店です。

s_IMG_3105.jpg
▲増毛駅前

右から読む「館旅」など、なかなかレトロな建物ですね。

s_IMG_3111.jpg
▲増毛駅前

ちょうど沿岸バスが来ました!このバス、中扉が後ろ寄りな気がするんですが、気のせいでしょうか?やっぱりバスはツーステップに限りますね!ヘロさも堪りません!

小走りで駅舎に戻り、お土産店で酒好きな同僚に国稀という地酒を購入。駅ノートを眺めてたら、友人のコメントを発見するミラクルも(笑

増毛15:41の4932Dで戻ります。留萌までは起きてたんですが、暗くなり車窓も見えなくなったこともあり爆睡・・・なんか寝てばっかり・・・(汗

s_IMG_3121.jpg
▲深川にて

深川で増毛という文字も見られなくなりますね・・・。とりあえず駅前のローソンで買い食いして夕食まで繋ぎます・・・。

札幌まではオホーツク6号に乗ろうと思ってたんですが、意外と指定が埋まっていたので次のサロベツにしました。時計を見ていただくと分かると思いますが、サロベツは宗谷本線内で鹿と衝突のため15分ほど遅れてました…(^_^;)

s_IMG_3127.jpg
▲札幌にて

稚内から約5時間半の旅を終えたサロベツ。所定の3両編成でした。

驚いたことに、サロベツで使われてるキハ183にはコンセントがついていました!はまなす明けでケータイが充電できてなかったので、非常に助かりました。

IMG_7398.jpg
▲ら~めん共和国 吉山商店にて

駅ビル エスタの中のら~めん共和国 吉山商店というお店で夕食。みそラーメンとカニごはん。やっぱ札幌来たらみそらーめんですわ。

お腹いっぱいで、この日の宿がある中島公園へ向かいました。

(つづく)
最後の定期急行列車に乗る②
琴似駅で撮影したのち、アイツがいるのではないか?ということで苗穂駅に来ました。
列車を降りて、最初に出迎えてくれたのが

s_IMG_3036.jpg
▲苗穂駅ホームより

出庫点検中と思われるキハ183 オホーツク。見切れている跨線橋は苗穂駅ホームと繋がっており、社員専用通路となっていました。

s_IMG_3027.jpg
▲苗穂駅ホームより

このスラントノーズ好きですねー。2016年度よりキハ261に置き換えられるという話なので、先はそう長くは無さそうですね・・・。

で、アイツはいないかなーと探していると・・・

s_IMG_3034.jpg
▲苗穂駅ホームより

いましたいました。悲運の車両とも言われているキハ285-900系。モーターアシスト ハイブリッドやら車体傾斜システムやら超高性能な車両のようですが、皆さんご存知のJR北がゴタゴタしたため開発中止になりました。なんだかもったいないですね…。

s_IMG_3041.jpg
▲苗穂駅ホームより

1両単位でゴロゴロ留置されているのも気動車の醍醐味ですね。こういう雰囲気好きです。スラントじゃない183も良いですね!

s_IMG_3038.jpg
▲苗穂駅ホームより

札幌で切り離された963Mのキハ201が入庫してきました。やっぱり見たり、乗ったりしちゃうと模型が欲しくなっちゃいます…。


改札を出て、跨線橋から眺めてみようと思います。

s_IMG_3043.jpg
▲苗穂駅近くの跨線橋より

手前に置かれているキハ261と比べると、キハ285は低重心が意識された車体というのが分かります。検測車に改造するってウワサですけど、どうなるんでしょうね。

s_IMG_3052.jpg
▲苗穂駅近くの跨線橋より

奥の方から黄色いDEがこちら手前の方に向かって動き出しました。

s_IMG_3055.jpg
▲苗穂駅近くの跨線橋より

すごい手前まで来た!っと思っていると、左上に変なものを発見しました。

s_IMG_3062.jpg
▲苗穂駅近くの跨線橋より

こ…これは…

トレイン・オン・トレイン

じゃないですか? なんでも高速走行の新幹線と貨物列車がすれ違うと、風圧でコキ&コンテナがふっとぶとかふっとばないとか。だったらコキごと載せられるモノを作ってしまえ!ってことですよね。

ここで試験してるとは知りませんでした。えんじ色のコンテナが主流の今じゃ水色のコンテナも見ないですよね。

s_IMG_3071.jpg
▲苗穂駅近くの跨線橋より

あと構内にはフラノエクスプレスの先頭車や蒸気機関車もいました。フラノエクスプレスの車両ってまだいたんですね。個人的に北海道のジョイフルトレインというと、この車両のイメージが強いです。


札幌到着から何も食べておらず、いい加減お腹が空いたので朝食を食べに札幌駅へ戻りました。つづく。
最後の定期急行列車に乗る①
気づけば3年ぶり…。ご無沙汰しております。
ちょこちょこ放浪旅してたのですが、ブログはサボってました…。こまめに更新するよう心がけます。


去る11月16日。職場のテツな後輩くんと急行はまなすな旅をしてきました。私自身、はまなすに乗るのは学生時代の2007年以来 約8年ぶりです。当時は北海道・東日本パスで急行の自由席が乗れたので、自由席でした。

今回は奮発して開放B寝台を利用しました。

s_IMG_2827.jpg
▲この日はED79-4のエスコート。(青森駅)

出発まで時間があるので探検開始。

s_IMG_2822.jpg
▲はまなすマーク付のスハネフ14 551。(青森駅)

s_IMG_2844.jpg
▲この日の寝床。増21号車。響きだけで選びました。(青森駅)

寝台車やら座席車やら ごった煮な【はまなす】ですが、その中でも独特な雰囲気を醸し出しているのは…

s_IMG_2845.jpg
▲のびのびカーペット車。(青森駅)

のびのびカーペット。指定席料金だけで利用できるオトクな設備ですね。

車内放送によると寝台とカーペットは満席ということで、車内まで写真を撮りに行く勇気はありませんでした。

s_IMG_2848.jpg
▲ドリームカーと青森ブリッジ(青森駅)

どっかのグリーン車から座席を持ってきたというドリームカー。リクライニングがかなり倒れるとか。

この日は月曜日でしたが、寝台車の増21号車と座席車の8~11号車が増結された12両フル編成での運転。日曜日の上り列車の返しだからでしょうか?車内アナウンスでも長大編成での運転の旨と、道内でのドアカットの放送がされておりました。

発車後、青函トンネルは見届けたいという思いがあり意地でも起きてましたが、竜飛海底過ぎたあたりで睡魔に勝てなくなり函館到着まで少し寝ることに。携帯でバイブのアラームを設定し…グーzzz

仮眠のつもりだったので、布団をかけず寝ていたら寒さに震え起床。携帯の時計を見ると3:30。やっちまいました。見事に寝坊。機関車の付け替えなど見たかったのですが…。過ぎてしまったことはしょうがないので、トイレに行き布団をかぶりマジ寝…zzz

南千歳到着のアナウンスで起きたつもりが、札幌到着直前に後輩くんに起こされるまで爆睡。

s_IMG_2865.jpg
▲札幌駅に定時で到着。(札幌駅)

s_IMG_2871.jpg
▲向かい側に停まっていたキハ281系 スーパー北斗。(札幌駅)

いやー寒い!起きたてで、体温も上がってない状態だったので、慌てて鞄からダウンを引っ張り出し装着。

札幌駅構内のコインロッカーに荷物を預け、2つ隣の琴似駅へ。なかなか来る機会がないので、ラッシュ時の函館本線を撮影します。異形式の併結が多く、バラエティに富んでいました。

s_IMG_2886.jpg
▲129M 江別行き 733系3000番台 6両編成。(琴似駅)

全区間 普通列車として走るので、4号車のuシートも自由席扱いです。733系は4号車以外ロングシートなので、知ってる人は知ってるオトク車両ですね。

s_IMG_2895.jpg
▲1732M 千歳行き 731系×2 6両編成。(琴似駅)

s_IMG_2898.jpg
▲124M 小樽行き 後追い 721系+735系 6両編成。(琴似駅)

アルミ車両の試作という位置づけらしく、3両編成2本のみ製造された735系。他の系列と共通運用のようなので、捕まえづらい形式ですね…。

IMG_2907 - コピー
▲北斗4号の送り込み回送 キハ183系 5両編成。(琴似駅)

s_IMG_2914.jpg
▲3860M 新千歳空港行き。721系3000番台 6両編成。(琴似駅)

この列車は札幌から快速エアポート74号として運行されるので、4号車のuシート車も札幌までは自由席扱いになります。

s_IMG_2931.jpg
▲961M 江別行き。731系+キハ201系 6両編成。(琴似駅)

今回のお目当てでもある電車と気動車の協調列車。この列車は手稲発江別行きなので、全て電化区間を走る謎な列車です。山線の倶知安から直通する963Mだけが理にかなっている列車と言えそうですね。

s_IMG_2936.jpg
▲961Mの連結部分。(琴似駅)

後ろのキハ201は気動車のため、当然パンタグラフはありません。

s_IMG_2956.jpg
▲31D ホームライナー札幌行き キハ261系1000番台 5両編成。(琴似駅)

札幌到着後はスーパーとかち1号になるホームライナー。手稲から札幌まで約17分ですが、乗車率は高めでした。100円で確実に座れますからね。
今まで曇っていたのに、急にお天道さまが顔を…。晴れると側面に光が回らないですね…。

s_IMG_2963.jpg
▲2736M 苫小牧行き 721系0番台+733系0番台 6両編成。(琴似駅)

札幌といえどラッシュ時はデッキ付 転クロな721は乗降に時間がかかってる感じでした。

s_IMG_3003.jpg
▲5005D ホームライナー札幌行き キハ183系 5両編成。(琴似駅)

札幌到着後は北斗6号になるホームライナー。
通常だと3号車にハイデッカーグリーン車を繋いでいるんですが、なぜかこの日はオールモノクラス編成でした。

一度、改札出場のうえ 963Mの化け物気動車に乗って苗穂の工場を見に行きました。次回に続きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。